為替の介入という言葉をご存知ですか?日本銀行が為替の介入をして新聞記事、テレビのニュースグーグルなどの報道記事でチラリと見た方も多いでしょう。

最初から為替介入は日本においては、財務大臣が為替の相場の安定性を実現できるように用いるやり方と位置づけられています。

簡潔に言うと、極度の円高もしくは円安が発生すると財務大臣の指図によって日本銀行が日本円を取引することで為替相場の安定を狙うといったことです。

為替介入は種類があるのです。

1.単独介入・・・政府機関や中央銀行(日本銀行)が東京での市場で直接市場に参加して為替介入をする。

2.協調介入・・・銀行などが相談のうえそれぞれの通貨当局の資金を駆使してみんな一緒にあるいは小出しに外国為替平衡操作(為替介入)を実施していく。

3.委託介入・・・国外の通貨当局へ外国為替平衡操作(為替介入)を依頼する。

4.逆委託介入・・・日銀が外国の銀行などに成り代わり為替介入(外国為替平衡操作)を実施する。

こんな方法があります。

どの方法の為替介入も短期に、またはしばらくの間為替市場に多くの影響を与えると思います。

外国為替市場介入(為替介入)の額は当然ですが自国の権威をかけて行なうのですから段違いなのです。

円を例にして考えると、通常は数銭ずつ変動しているレートが唐突に数円単位の変動をするのです。

投資家の方なら体験したことがあると考えますがこれまでは含み資産(または含み損)を増やしていた保有高を保っていたところへ、保持している持ち高が決済したとの内容の通達が業者の発信でEメールが来ました・・・どの程度黒字になったのか(損益が出たのかな)?と思いつつ決済された状況を確認すると、想像していた状況とは真逆の状態でびっくりしたということがありました。

介入が行なわれた際によくあることなのです。

こういったことから介入が施行されることで為替市場の動きと正反対の動向をするものです。

動く額の幅は相当大きく変わりますので用心が必要です。