昨年、咳喘息になりました。エイジングケアのすべてを知ろう

その時に処方された薬が原因で少しだけ大変なことになりました。シェアリング

咳喘息は喘息の前段階といわれています。コンタクト翌日

処方される薬も喘息の人と同じです。ピアノ買取査定

私のは喉の炎症を抑える薬、同じみのステロイドの吸引薬、そして、寝る時に使うという気管を広げるというテープでした。ベッド通販

その中の一つが私には合わなかったのです。justkidsapps

それは気管を広げるテープでした。ラバ 恵比寿

寝る前にテープを胸に貼って寝るのですが貼ってすぐに異変は起こりました。血圧下げる飲み物

何だか体調が悪いのです。

胸がドキドキして気管を広げるどころか息苦しい感じまでしてきたのです。

その時は他の薬も使っていたのですが、直感でこのテープが原因だとすぐに剥がしました。

次の日に知り合いの看護師さんに聞いたら、そのテープ使うとそんな症状がでる人がいるといわれました。

でも、咳は出るのでたまにだけテープを使ってみたりもしていました。

でも、その動悸が日常的に起こるようになり、もう絶対に使わないと思いました。

あまりに日常的に動悸がするので別の循環器を受診したくらいです。

この薬使ってからといったら、強い場合は半分に切って使うんだよと言われました。

そこのお医者さんにも言われたのですが、ちゃんと説明してくれる病院を選ばなきゃダメですね。