自己破産手続きにあたって抱える債務に対し保証する人を立てているときにはあらかじめ連絡をしておいたほうがよいでしょう。さらに、強調したいのですが債務に保証人が付いているときは、自己破産手続きの前によく考えなければいけません。つまりはみなさんが破産申告をして免責がおりるとその人たちが義務をかぶる必要があるからです。ですから、破産宣告以前に保証人となる人にそれらの詳細とか現状について説明して、お詫びの一つもなければならないでしょう。そういうことはあなたの保証人からすると当たり前です。債務者のあなたが破産手続きをすることにより、自動的に膨大な負債が回ってくることになるのですから。そして、それからのその保証人の考慮する手段は次の4つです。一つめは、保証人が「みな返金する」という方法です。保証人である人がそれら数百万もの金額をいとも簡単に支払うことができるようなお金をたくわえていれば、それが可能でしょう。でもむしろあえて自己破産せずにその保証人に立て替えてもらい、今後はその保証人に月々の返済をしていくという解決策もあると思います。保証してくれる人が良い関係にあるのならば、いくらかは完済までの時間を延期してもらうこともできないこともないかもしれません。いっぽう合わせて返済不可能でも、話し合いで分割での返済に応じてくれます。保証人にも破産による整理を実行されるとなにも戻ってこないことになってしまうからです。保証人がもしお金を全部まかなう経済力がなければ、借金しているあなたとまた同じく何らかの方法による借金の整理を選ばなければなりません。2つめが「任意整理」を行う方法です。この場合債権者側と示談することによりだいたい5年ほどのあいだで完済していく感じになります。弁護士事務所に依頼する場合の費用の相場は債権者1社ごとに4万円ほど。もし7か所からのローンがあればだいたい28万円必要です。むろん貸した側との示談は自分でチャレンジすることもできないことはないですが債務処理に関する知識がない方の場合相手側が自分たちにとって有利な内容を投げてくるので注意しなければなりません。それと、任意整理になる場合は保証人に借り入れを負担してもらうことになるわけですからあなたも時間がかかるとしてもその人に返済していくべきでしょう。続いて3つめは保証人となる人もあなたと同じように「自己破産をする」ということです。返済できなくなった人と同様に自己破産を申し立てればその保証人の負債も消滅します。ただ、もし保証人が株式などを登記している場合は所有する私財を失ってしまいますし司法書士等の職務にあるのであれば影響が出ることは必須です。そういった場合は、個人再生を利用できます。最後に4つめの方法としては「個人再生を利用する」ことです。マンション等を残して負債整理を望む場合や、破産申告では資格制限があるお仕事にたずさわっている場合に選択できるのが個人再生による整理です。この手段なら、自分の住宅は処分しなくてもよいですし、破産手続きのような職種にかかる制限、資格にかかる制限が何もありません。